忍者ブログ

夢、すばらしい時間はかなさ

赤い袖添香

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

赤い袖添香

独倚窓辺にささげ持って、本納蘭経典すする一口香、言葉、思いだけで。透過那首首凄婉婦ショー、真っ白い甲高い小令長調、私はその気持ちに深くない強い極則寿、恥辱纳兰性德。一つの出身の相豪門公子、富貴に一蹴、追求肉感的自由の江湖狂生、才能、清朝の初めに经史の才子、1つのが情に生き、愁死千古の詩人。おおらかでこせこせしない、感傷に定めた彼は矛盾の一生を運命付けました、彼のこの一生のロマンと惨めなでこぼこ。
納蘭の词韵の中でいつも立ちこめる一種愁愁と、甚だしきに至ってはひどく苦しむ痛み。彼はその腹心の友顾贞观も出されて「容若言葉で、1種の凄婉所がない卒読んで、人の言悲しい時私欲悲。ああん!もしかするとこの傷は納蘭生涯最高の裏返しであろう。
出身の門、身の上輝かしい納蘭一生知り合いの無数の知己はほとんどが一にはだらしない不遇の漢文人粋人。自称「江湖狂生」の彼はみんなの夢の富貴生活はいつも選択を逃げるのに対して、あれらの生まれ庶民の落ちぶれて文人の友情はいつも「身の上を聞いて悠々何足」の豪円い!一行は「酔って影がぼんやりしていて、障害燈相照」、「燕に階空絃索寒くて、任梨花、散って、無人管」〈モクレンが遅い」、「これ羁愁万株の夢の鳴く申しつける絶え間、カニ」の惜別の情も。
よく「家所伝歌う水飲み詞」といって、納蘭ちりひとつかからないの言葉が、行間に流れている純粋な感情、千言万語、ただ1筋の優しさ、九転回腸。彼の一生の詞作造詣が彼のでこぼこの感情の路锁に孔武篭、情が深く易长久あまり執着はない、もっと失いやすい。「人生の中で、何の事の秋風悲画扇」のやさしい心もだえる、納蘭の第1段の恋。生活は1匹の表、後退は戻れない昨日、あの守らの恋は息息で行く。幸い、天の思い、若い納蘭めとった両広総督卢兴祖の娘で、生まれつきの婉娈の盧氏を納蘭の人生を添えた一筋の慰め。「炊け消えてぶっかけお茶」の画面は、「当時隻道は普通」の感慨かもしれない納兰幸福生活のシルエットだろう!
天意は人をいじって、一生の運命憂うつ納蘭止められ盧氏の難産は逝去して、再度墜落し進淵。「束の間のほこり、薄命かくして、名殘を惜しむど忘れ」、悲しみは冷め納蘭を詠んで人生は短く、伉俪情深は、もともと天人離れて、短い3年が抉り心の悲しみ。「涙咽頭音も立てずにだけ昔悔薄情」痛手下の納蘭が呆然とする、彼は全体の生命を投げ捨て思悔のブラックホール。「最近は無限に悲しいこと、誰と話が長い」「当時を味わって、今、総マイナス多情」亡き妻の納蘭無限感懐は筆成文を文成意意を感動させて、1首の歌を書い情深意重、涙ありの死を悼む言葉。
夢、すばらしい時間はかなさだけでは、頑固に、昔の夢のため遅延。いわゆる一語割讖、これはちょうど納蘭の一生の縮図ですか?彼のもともと豪華な生活は、昔の夢を憶往昔鬱々として楽しまないので、中年に他界。歳月が殘刀、すべてをばらばらにするが砕けゼロは、一人で感傷的で、結びの才能の導入末路千古の詩人。
軽い翻《納蘭詞」は、その字の珠玉だり吟味すような、感染によってが感傷的で、涙を。その傷は、その「憂うつ客」ではないか。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R